ゼロベースからの人事制度構築
最小限のコストで、社員のやる気を
引き出す事が可能に

株式会社FLIGHTS
導入事例

POINTS

最小限の機能が効率よく備わっていて、柔軟に運用できる

機能改善の速度が早く、パートナーとして伴走してくれる

企業様プロフィール

株式会社FLIGHTS

業種:ドローン関連事業
所在地:東京都品川区北品川1丁目9-2 TOKYO YBビル2F
従業員数:50名(2019年9月26日現在)

「ドローン前提社会を創る」という理念のもと、株式会社FLIGHTSではドローンを用いたあらゆる領域にむけて連続的に事業を展開しています。
現在の主な事業は、土木(測量等)・建築物の点検・農業(農薬散布等)・空撮などのクリエイティブ分野における企画・開発・運用・保守と、ドローン関連機材の販売。ドローンに関するスペシャリスト集団「DroneAgent」が運営するサービスを基点に活動しています。
比較的新しいビジネス領域に対して、技術ドリブンで起業・拡大してきた同社。日々変化するドローン事業に対して事業領域ごとに柔軟な対応を続けた結果、会社全体で一貫した採用や業務目標を立てることなく社員が増えていきました。
そんな状況において、同社初の人事部門専任職としてジョインしたのが、佐々木祐介氏。採用・労務・就業制度など人事業務を手がける傍ら、総務系領域も管掌する同氏に、『リクナビHRTech 評価管理』を導入した経緯を伺いました。

ゼロベースからの人事制度設計。短期での成果創出が求められた。

私が株式会社FLIGHTSに人事担当として入社したのは2018年10月です。それまで専任人事職を置いていなかったため、会社としては初のポジションに就任することになりました。2016年の創業以降、業務にまつわる各種規定は事業部ごとにケースバイケースで運用されていて、統一した規定が存在しなかった。「Make Jinji」を合言葉にして、まずは一般企業並みに社内外の規定を整えていくことからスタートしていったのです。
年が明けた2019年、社長から「少し相談したいことがある」と声をかけられました。そこで、ある事業部の利益が落ち込み、事業の立て直しとコスト削減を進めたい、という話を打ち明けられることに。
私はこれを聞いて、チャンスだな、と感じたのです。ジョインしてから約2ヶ月、社員の皆さんと会話する中で、所属する社員個人の能力はとても高いけれど、どんな成果を挙げれば評価されるか明確に規定されていないため、日々の業務に対するやる気は低いことが課題だと見ていました。
他社での経験も踏まえて、人事評価制度を導入する事に挑戦させてほしい。社長や経営陣にそう訴えかけ、ゼロベースから制度設計を行うプロジェクトに着手しました。

短期間で導入でき、業務に対する社員の意識が前向きに

社員の皆さんがモチベーションをもって業務に向き合える環境を、短期間で実現する。この目的に沿って、当初は目標設定・評価と報酬・昇格に関する規定を整えていきました。前職の経験もあり、大まかな基準はある程度整えることができたのですが、最後に立ちはだかったのが、人事サイドのコスト問題です。
私は当時、人事系と総務系の2領域を総括する立場にあったので、評価制度の運用に割けるマンパワーが足りない。コスト削減から始まった話ですので、外部発注するわけにもいきません。料金と工数の両面でコストがかからない打ち手を探す中で出会ったのが、『リクナビHRTech 評価管理』でした。
『リクナビHRTech 評価管理』は、無料であることは勿論ですが、直感的な操作性も導入を決定づけた大きなポイントでした。人事にとって、サービスが使いにくいと導入の負担が大きく、また使い方がわからない社員に対して対応や説明が必要になります。価格と評価者・管理者・被評価者すべての工数を鑑み、『リクナビHRTech 評価管理』の導入を決めました。
導入決定からわずか1ヶ月で本格運用に漕ぎ着けることができ、社員の皆さんとの面談を通じて、無事2019年から評価制度を導入することができました。特に能力開発目標に重点をおいて、「何を」「どこまで」頑張ったら評価に繋がるのかを明確にしたことで、多くの社員が自己成長に対して前向きに取り組むようになった、という声を聞くようになりました。そのお陰かはわかりませんが(笑)、業績も復活し、社内が活性化してきているのを感じます。

サービスは「道具」ではなく「パートナー」として選ぶ

私たちのようなベンチャー企業は、割けるコストが限られているため、人事系システムを自前で構築するのは難しいという実情があります。一方で新しい採用や人事評価のサービスがどんどん生まれていて、変化が激しくなっている。だからこそ、サービスは短期成果を上げるための"道具"ではなく、中長期を伴走してくれる"パートナー"を選ぶという意識が重要です。
『リクナビHRTech 評価管理』を使い始めた当初、いくつか改善要望をお伝えしたことがありました。
すると非常に短期間のうちに機能改善が行われ、他システムとの連携も可能になった。その対応力とスピードを見て、まさにグッドパートナーだと感じたのです。
5GやIoTなどの技術変革期を控えて、ドローンの需要はますます増えてきています。ドローン前提社会を実現するために、『リクナビHRTech』にはしっかり伴走してもらって、一緒に成長していきたいな、と思っています。

サービスについてはこちら

従業員の人事評価を
効率的に一元管理

他の導入事例も見る

ご相談・お問い合わせ

リクルートのHRテックサービス「リクナビHRTech」は、テクノロジーで人事管理・労務管理を支援します。
人材スカウトサービス・採用管理システム(ATS)・勤怠管理システム・人事評価システムにより、
人事業務効率化・コスト削減を実現するだけでなく、母集団形成、選考プロセス、入社後の人材管理のデータを蓄積することで、
企業の採用活動や人事業務の最適化を目指しています。

お電話でのお問い合わせ
0120-05-1644
※受付時間 9時〜18時(土日祝日を除く)
※正確を期すために録音しています。